サイト管理者

ガン、糖尿病、アトピー、貧血、下痢、血便、ヘルニア、慢性腎炎、フィラリア、皮膚症、肝臓衰弱、肥満、アトピー、アレルギー、皮膚炎、ばい菌、ウィルスの感染症、脊髄損傷、老衰、腫瘍、白血病、エイズ…etc。


上記の病気は、人間のものではありません。そう、動物たちに及んでいる症状です。この病気の中にはおよそ、数十年前には、動物に見られなかったものもあります。また、野生動物には今現在でも、あまり見られないものでもあります。

このことは、一体何を意味しているのでしょうか?
答えは、お気づきの方もいると思います。

人間の病気の原因と同じ、生活環境の悪化とその精神的ストレスです。環境の変化に敏感な動物たちは今、人間よりも病魔に犯される危険性が非常に高くなっています。

人間と同じような病気が、ここ最近急激に多くなってきているのは、「人間に飼われている動物たちも同様に悪い環境にさらされて、病気に対する抵抗感が野生動物と比べ、弱くなってきている」ということを意味しているのではないでしょうか?

もしそうであれば、このような病気にならないようにするためには、人間と生活しないようにするしかありません。でもそれって、とても皮肉なことですよね!人間が動物をペットとして飼っている以上は、それは不可能なことです。

私たちに出来ることと言ったら、少しでも病気に掛からないように気遣うことと、もしもの時に備えることしかないと思います。いまでは、ペットの世界でも人間と変わらないくらいの保険が何社となく存在しています。
そこで、私はペット保険各社のメリット・デメリットを簡単に比較でき、これだ!っと感じたペット保険をいくつかピックアップしてみました。このサイトをみてペット保険に興味をもっていただければ幸いです。

会社概要
個人情報に関する法律を遵守し、個人情報の保護に努めております。以下に弊社のプライバシー保護の方針を明示します。




条件別早見表 | 通院 | 入院 | 手術 | 癌(ガン)・死亡お見舞い | 総合比較 | ペット保険比較エントリー一覧





■らくちん!一括保険資料請求!

大手 全7社のペット保険が一気にそろいます。

■2012年ペット保険人気ランキングNo1

医療費の80%を補償、限度額なし